毎日更新ブログ(平日)

2023-11-16 09:00:00

【今日の寺子屋】  小学2年生 分数は難しい(3)

 

4688801_m.jpg

 

 

皆さんは、はじめて分数を習ったのは何年生の時でしょうか?

私は3年生の時に勉強したような・・・。(たぶん! 遠い記憶すぎて不明)

今から2030年前に小学生だった人たちは、4年生で習っていました。

昔は分数を理解するのは難しいとして、3年生や4年生で習っていたのです。

 

 

しかし今では、2年生まで下がってきています。

子どもたちが苦戦するのもうなずけますね。

 

 

 

さて、教科書の扱いがほんの少しの2年生の「分数」ですが、この単元は重要な内容が詰まっています。

そのため、表面をサラッと学ぶのではなく、時間をかけてじっくり学習するのがおすすめです。

 

 

「分数」の学習も後半になると、次のような問題が登場します。

「元の大きさを1/2にして、それを半分にすると、元の大きさの(  )になります。」

 

 

2年生にとっては、とても難しい問題です。

言葉だけでは理解しにくいので、テープ紙などを使ってチャレンジしてみます。

 

 

この時も子どもが自分の手でテープ紙を折って、確認することが大切です。

折ったり広げたりを何度かくり返して、1/2の半分が1/4になることを理解していきます。

 

 

そして、「次は1/4を半分に折ったらどうなるかな」と、さらに質問を投げかけます。

すると子どもたちは、1/4のテープ紙をさらに半分に折って、意気揚々と私のところに見せにきます。

 

 

このように、算数は手を使って学ぶと理解が深まり、子どもたちも楽しく勉強できます。

手を使って学ぶ実体験型の学びを「ハンズ・オン・ラーニング」(Hands on Learning)と言います。

 

 

手で学ぶ。

ご家庭でもお試しください。

 

2023-11-15 09:00:00

【今日の寺子屋】  小学2年生 分数は難しい(2)

 764053.jpg

 

前回は、はじめて分数を学ぶ小学2年生の授業をお伝えしました。

 

分数というのは、1つのものをいくつかに等分したうちのいくつ分かを表す数です。

 

 

 

 

はじめは、できるだけ身近なものを同じ大きさに分けることで、分数に慣れることが大切です。

 

子どもの好きなもの、ピザやりんごなど目で見てわかりやすいものを等分するといいでしょう。

 

もう少し手軽に、子ども自身が何度も分けられる色紙や紙テープなどを使って、等分する感覚を身につけましょう。

 

 

 

 

小学2年生では、1/2、1/3、1/4など、分子が1(1つ分)になる分数を扱います。

 

今日はその続きです。

 

 

1/21/3の意味を理解した子どもたちは、今度は目の前にある数量を1/2の大きさにしたり、1/3の大きさにします。

この学習のポイントは、同じ数ずつ分けることです。

 

子どもたちは次のような問題にチャレンジします。

 

 

 

「・・・・・・」(6このドット)

 

「6この1/2の大きさはなんこでしょう。」

 

 

子どもは、あまり時間をかけずに1/2の大きさに分けることができます。

 

 

 

でも「15このドットを1/3の大きさにする」などのように、

少し多い数を1/3にするとなると、苦戦する子が増えてきます。

 

 

 

c85248eac26bcbf52afd7491cf58c2ea_m.jpg

 

 

テキストに書いてあるドットを分けるのが難しい場合には、

小さなブロックや積み木を15個用意して、

自分の手で操作しながら1/3の大きさに分けていきます。

 

子どもが分からないからといってすぐに教えてしまうのではなく、

少しの時間でも「ああでもない、こうでもない」と、

考えさせることが大切です。

 

 

この1/21/3の大きさにする考えは、やがて3年生で学ぶ「わり算」の素地を作る学習でもあります。

 

 

また次回に続きます。

 

2023-11-14 09:00:00

【今日の寺子屋】  小学2年生 分数は難しい(1)

 

26460614_m.jpg

 

 

 

 

小学2年生で、初めて分数を習います。

 

教科書にはこのように載っています。

「もとの大きさを同じように2つに分けた1つ分を、もとの大きさの二分の一といい、1/2とかきます。」

 

大人が読めば、それ以外に的確な説明は思いつきません。

 

しかし、分数を学ぶのは2年生です。

かけ算くくをようやく覚えたばかりの子どもたちです。

 

簡単に理解できることではありません。

分数の単元は、はじめは多くの生徒の頭の中が???でいっぱいになります。

 

 

難しい内容ですが、学習は最初に習う時が最も大事でなので、教える方もていねいに説明します。

この単元は時間をかけて教えるべき内容です。

 

習い始めに間違った考えを身につけてしまうと、それがずっと続いてしまい、後で修正するのが大変になります。

 

 

高学年になると分数が苦手な生徒が増えてきますが、もとを辿っていくと、2年生や3年生で学んだ分数の理解が不十分なことに原因があるように思います。

 

小学2年生の教科書では、分数の単元はわずか6ページしかありませんが、You-Youスクールでは、時間をかけてていねいに教えます。

 

 

分数の単元は、テキストだけではなかなか理解できないので、生徒の前で紙やテープをハサミで切って1/2にして見せます。

片方を大きく、もう片方を小さく切って、この分け方では1/2にはならないことを説明します。

更に「1/2にする」ことと「半分にする」が同じ意味で使われることにも触れます。

 

次は生徒に紙とハサミを渡して、生徒にも1/2を作ってもらいます。自分で作ってみることで、子どもの理解は深まります。

 

 

22442600_m.jpg 

 

 

 

 

こうして、生徒と11でやり取りしながら、生徒の頭の中の?を11つ無くしていきます。

ほとんどの場合、ここまでで、1こまの授業が終わってしまいます。

 

子どもたちがはじめて出合う概念を理解していく過程は、近くで見ていて何とも楽しいものです。

 

 

次回に続きます。

2023-11-09 09:00:00

成績が上がる生徒の前兆

 722169_m.jpg

 

 

私たちには、生徒の成績が上がる前触れがわかります。

これから成績が上がる子は、行動が変わるからです。

 

一番分かりやすい変化は、宿題の提出率です。

毎回忘れていた生徒が、2回に1回になります。

2回に1回忘れてた生徒は、4回に1回になります。

 

 

成績を上げるには、勉強しなければなりません。

まず、勉強量を増やすことが大切です。

 

 

宿題をするというのは、勉強量を増やす行動です。

それを自ら取り組むのですから、成績が上がらないはずはありません。

 

 

私たちは、生徒の小さな行動変化を見逃さないように見極めて、継続的に勇気付けを行っています。

2023-11-02 09:00:00

【今日の寺子屋の風景】  頭にイメージを入れてあげる

 236525_m.jpg

 

 

長さや面積、重さなどの単位を覚えるのが苦手な生徒が毎年います。

なかなか覚えられない原因は、数字だけで覚えようとするからです。

そのため、授業では必ず具体的なイメージを使って覚えるように指導しています。

 

今日の授業では、1a(アール)100㎡について、一緒に学習した生徒がいました。

 

私「基本になる単位の面積は、必ず正方形の面積で考えるんだよ。正方形ってどんな図形だっけ?」

生徒「えっとー、四角い形」

私「そうだね。ぜんぶの辺の長さが同じ四角形だよね」(正方形を書いて見せる)

 

私「1aは、1辺が10mの正方形の面積のことだよ。10mってどのくらいの長さだと思う?」

生徒「えっとー、そこのパソコンくらいまで」(3mくらい先)

私が1mの定規を取り出し、測ろうとすると・・・

生徒「あっ、10mなんかないや」

 

私「10mってさ、学校のプールの横の長さくらいだよ。イメージできる?」

生徒「うん」

私「プールの縦の長さは25mだけど、横の長さ、あれが10mなんだよ」

生徒「ふ~ん」

私「面積が1aの正方形は、プールの横の長さが1辺の長さになった正方形だよ」(正方形の1辺に10m、プールの横の長さと同じ、と書き込む)

私「1辺が10mの正方形の大きさ、イメージできた?」

生徒「うん」

 

私「正方形の面積はどうやって求めるんだっけ?」

生徒「この長さ×この長さ」(正方形の辺を指さしながら)

私「そうだね。正方形の面積は1辺×1辺で求められるから、10×10で面積は100㎡になるよね」

生徒「そっかー」

私「だから1a=100㎡になるよね」

 

 

こんなやり取りをしながら、授業を進めていきます。

 

このように説明してあげると、

「プールの横の長さ」=「10m」

「1a」=「1辺が10mの正方形の面積」=「10×10=100㎡」

 

生徒の頭の中に「プールの横の長さ」というイメージを入れてあげることで、理解が深まり、忘れづらくなるのです。

 

 

 

1 2